考える力が育つ!学びの森ブロッサム 算数ドリル・作文ドリルの教材販売

受験シーズン「母の言葉」は偉大!②

冬景色 日が昇る

 

「母の言葉」は偉大!

 

お子様は模擬試験の結果を受け、家に戻ってから、

「あれができなかった・・・」

「これではもうだめだ・・・」

と大変混乱して、お母様に泣いてきたそうです。

 

目標の学校にいけない・・・どうすればいいのか・・・

頭の中も混乱し、精神的に思いつめられていました。

 

そこでお母様からこんな言葉がありました。

 

「一喜一憂するんじゃない。」

 

 

この言葉は効きました。

ふと我に返り、彼の背筋はピンと伸びました。

彼はお母様のその「言葉」で平静を取り戻し、

自分を見つめることができました。

 

「慌ててもしょうがない。何ができていなくて、これから何ができるのか。」

冷静に考え直すことができたのです。

 

もしも、ここでお母様が、

「なんでできなかったの!どこがだめだったの!」

と一緒に慌てて不安になってしまったら、

お子様はさらに不安が増し、本番の入試どころではなかったはずです。

 

こうして、彼は翌日から気持ちを落ち着かせて、

今の自分にできることを冷静に判断し、私立受験に向き合うことができたそうです。

 


 

私はこれは人生の言葉だと思います。

 

入試や試験だけではなく・・・彼がいずれ社会という大海原に巣立つとき、

迷い、悩み、困難に直面します。

 

その時、この「母の言葉」が彼には浮かんでくるはずです。

 

「一喜一憂するんじゃない。」

 

結果がすべてじゃないんだ!

やるべきことをやろう!

失敗したっていいじゃないか!

 

ある教育の研究結果では、人生の糧・教訓となる言葉は「母の言葉」だそうです。

人生の困難に直面した時、必ず「母の言葉」が浮かんでくるそうです。

 

普段大変なご苦労があるかと思います。

どうぞ肩の力を抜いて、日々笑顔を見せてあげてください。

お子様にああしなさい、こうしなさい、と言わなくても、その姿でお子様は感じているはずですから。

 

立春を迎え、まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では春のはじまり。

太陽の光から春の気配を感じます。

 

地面の下では、植物の種や草木が芽を出す準備をしています。

 

受験シーズン!みんなよく頑張ってきました。

今までの努力が、芽を出す準備をしてますよー!!

 

 

 

 

関連記事